著作権フリーブログ

著作権フリーブログ記事

海外旅行で余った外貨をEdyに変換する方法

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

海外旅行に行った帰りに大量のコインが発生する場合がある。

1枚くらいなら記念に取っておきたいが大量にはいらない。

 

お賽銭にしても神社が迷惑がりそうだ。

 

だが、これを楽天Edyに変換するサービスがある。

それは、空港(またはそれ以外でもあり)の緑のマシーン、pocketexchangeを利用する方法。

こちらのタッチパネルで操作して外貨をEdyにチャージすることが可能。

 

ただし対応してる通貨には限定があるのが難点。

コインの場合は、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円となる。

 

紙幣のみ対象という通貨もあり、これは香港ドル、タイバーツ、台湾ドル、シンガポールドル、ベトナムドンとなる。

 

詳しくは以下のリンクを参照。

https://edy.rakuten.co.jp/recommend/pocket_change/


「子供は勉強するのが仕事」の違和感

読了までの目安時間:約 1分

やあ、名無しだ。

子供のころ、こんなこと言われたことはないだろうか?

「子供は勉強するのが仕事だ!」

みたいなの。

これ、ものすごい違和感を感じるのは自分だけだろうか?

大人は勉強しなくていいのだろうか?

未だに世の中は知らないことだらけだし、人々が口にはしないが裏では動いているメカニズムや法則などは、まだまだ解明の余地があると言ってもいい。

そして新しい技術は次々に登場する。

大人が勉強しないで済むほど平和な世界ではないと言える。

 

もう一点違和感を感じる部分は、自分が勉強する姿勢を見せないで子供には勉強させようとするところ。

勉強がただの罰のようになっている。より生きやすくするための技術の習得であるのに、本質を見誤っていると言える。


物語の敵役ってだいたい作者だよね?

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

いろいろな漫画、アニメ、映画など見ていて思うのは、

敵のボスって作者自身じゃね?

ってこと。

例えば敵のボスが、

「愚かな民衆に政治を任せるより、優秀なエリートによる支配の方が民衆は幸せになれる!」

とか言ったとする。

こうした状況での主人公の反応は、大抵はテンプレ的な好青年を演じていて、リアリティを感じられないことが多い。

これに反しては敵のボスのふるまいやセリフが実に生き生きしているんだよね。

もうこれ、作者は敵の凶悪なボスに自分の言いたいこと言わせてるだけなんじゃないかなと思うのだ。

日常生活でこんなセリフ吐こうもんなら、「コイツやばいな...」みたいな目で見られてしまうから、創作の体裁をもって、悪役に言いたいことを言わせてるのではないかと感じる。

ちなみにこうしたことを自分の言葉として発信して炎上するのがブロガーと呼ばれる人たち。笑


【海外スパムメール】 RE Funds Investment

読了までの目安時間:約 4分

やあ、名無しだ。

今日も面白メールをいただいたので紹介するゾ!

受験生のキミは英語の勉強になるハズ!

 

にしてナイジェリアからのパターンが多いね。

 

Dear Friend.

I am Mr. Godwin Emefiele, the current executive governor of the Central Bank of Nigeria
(CBN).

I write to inform you that an unpaid contract payment file worth Seventy Seven Million Five Hundred Thousand United States Dollars ($77.500.000.00) only was recently discovered during the auditing exercise at the closure of  the fiscal year of 2018.

With my position as the Central Bank Governor it was easy for me to move the funds to a secure bank account in Europe which will be disclosed to you upon your confirmation of your willness/interest.

The transaction, will be a bank to bank wire transfer to any nominated bank account of your choice.

Kindly supply me with your details as listed below as to enable me prepare the documentations require for the transaction for immediate  release of the funds via an European bank.

Your Formal Name
Your Direct Contact Address
Your Bank Name & Address
Account Number,
Routing Number,
Swift Code
Your Private Telephone Numbers.
Form of Identification

I will personally furnish you with steps assigned for this payment inline
with the European banking system.

As to know whom you are dealing with, view the website below for verification.

Website cenbank.org

 

(URL)

 

Sincerely
Mr. Godwin Emefiele.
Excutive Governor Central Bank (CBN).


ストレスによるヤケ食い、過食は太る原因

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

仕事のストレスでやけ食いに走り、メタボになる人はあなたの周りにいないだろうか?
あるいはあなたがそうだろうか?

 

そもそも食べるというのは、肉体を維持するために肉体の「材料」となるものを取り込む行為のはず。

それがなぜストレスと関係あるのか?

 

これは単なる私の推測だが、我々人間の祖先は農業などまるで無かった頃、安定して食物を獲得することすら困難だったと思う。そんな時代では普通にそのコミュニティの構成員や自分自身が餓死したりその寸前まで追い込まれることが何世代にもわたって発生していたことは想像にたやすい。

もし運よく食べ物を発見できたら、何も考えることなく我先にとがっついていただろう。

 

そして現代に至ってもその時代の恐怖が遺伝子などに保存されていたせいで、仕事のストレスによって先祖の餓死への恐怖が喚起され過食に走ってしまうのである。

そして運が悪い場合、それにより引き起こされる肥満のせいで病気などの「二次災害」が発生するのだ。

 

こうして見ると、恐怖により発生する衝動的な、本能的な行動(=過食)はその時の恐怖を消すという短期的な目標しか達成できない。長期的に見ると害になりやすい。

そう考えると、こうした本能に方向付けをしていくのが人間の理性の役割なのではないかと思うのである。

 


1 2 3 13
このサイトについて
このサイト内の記事、文章はすべて著作権フリーとします。
なのでご自由にコピペしてあなたのブログ記事にお役立て下さい!
事前連絡等一切必要ありません。
記事の文章はそのまま使っても良いですし、適宜改変してもOKです。

※ このサイトのコンテンツは一部を除きフィクションです。
プロフィール
阿砂比奈京太郎衛門@Kolikkoです。 エンジニア(プログラマー)、作家。 最近はPHPをメインで使っています。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031