著作権フリーブログ

著作権フリーブログ記事

ストレスによるヤケ食い、過食は太る原因

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

仕事のストレスでやけ食いに走り、メタボになる人はあなたの周りにいないだろうか?
あるいはあなたがそうだろうか?

 

そもそも食べるというのは、肉体を維持するために肉体の「材料」となるものを取り込む行為のはず。

それがなぜストレスと関係あるのか?

 

これは単なる私の推測だが、我々人間の祖先は農業などまるで無かった頃、安定して食物を獲得することすら困難だったと思う。そんな時代では普通にそのコミュニティの構成員や自分自身が餓死したりその寸前まで追い込まれることが何世代にもわたって発生していたことは想像にたやすい。

もし運よく食べ物を発見できたら、何も考えることなく我先にとがっついていただろう。

 

そして現代に至ってもその時代の恐怖が遺伝子などに保存されていたせいで、仕事のストレスによって先祖の餓死への恐怖が喚起され過食に走ってしまうのである。

そして運が悪い場合、それにより引き起こされる肥満のせいで病気などの「二次災害」が発生するのだ。

 

こうして見ると、恐怖により発生する衝動的な、本能的な行動(=過食)はその時の恐怖を消すという短期的な目標しか達成できない。長期的に見ると害になりやすい。

そう考えると、こうした本能に方向付けをしていくのが人間の理性の役割なのではないかと思うのである。

 


「周りの5人の平均年収があなたの年収」理論が便利すぎる

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

今日はよくある自己啓発の話。
「あなたの周りの5人の平均年収があなたの年収だ!」みたいな理論。

 

「そりゃそうだよなぁ」と実感する人も多いことだろう。

 

情報発信してる人のメルマガで多いね。

 

でも考えてみれば、これはだいたい当たり前で、自分より年収が数千万円上の人間と一緒にいても居心地悪いというのが人間の性質なのだ。

だからこれは間違いではない。

 

違和感があるのは、「低年収でも稼いでる人の輪に入ればあなたもお金持ちの仲間入り!」と、その後に続く言葉だ。

そういった場所に入って行って周りの意識高い人たちと自分の基準が一緒に追いつこうとやる気を出せる性格である場合のみ、こうした行為が意味をなすのだ。

 

普通の人間はかなりの居心地の悪さを感じるはずだ。イメージとしては貧乏な子供が金持ちの子息が通う学校に行かなければいけなくなる場合とか、一般家庭の奥さんが金持ちのママ友の会に参加しなければいけなくなった場合を想像してもらえればいいだろうか。

 

そもそも「周りの5人の平均年収が~」の話を発信者が持ち出す理由は何だろうか?

それは「え?そんな年収高い人は周りにいない?そんな人のために、私が運営するサロンに参加すれば既に成功している人もいるしあなたの基準値も変わります!」と言いたいからです。

 

なのでメルマガなどで「周りの5人の平均(略)」の話が登場したら、次の回のメルマガで塾やサロンのお誘いがある可能性が高いですね。

 

 

 

 


星期二からお使いいただける予定であった400ポイントを獲得

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

今日も面白いスパムメールが届いた。

こんなメールだ。

 

お客様のご希望により、Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました。

「Amazonプライム会員情報の管理」ページで、自動更新の設定状況や会員期間の終了日をご確認いただけます。

期間が終了したら、 お急ぎ便無料 や プライム・ビデオ見放題 などのプライム会員特典のご利用ができなくなります。(主なプライム会員特典を確認するには こちらをクリックしてください)

プライム会員資格の継続で、2019/3/26 星期二からお使いいただける予定であった400ポイントを獲得 。

継続してプライム会員特典をお楽しみいただきたい場合は、「Amazonプライム会員情報の管理」ページにて「会員資格を継続する」 をクリックしてください。

Amazonプライムをご利用いただき、ありがとうございました。

会員情報の管理ページで確認

もちろんスパムなのでクリックしないように!

 

余談だが、本文中で気になったのが『星期ニ』。これは中国語で火曜日という意味。

ピンインだとXīngqíniと書く。無理やりカタカナにすると「シンチーアル」になる。

 

騙すつもりならちゃんと「火曜日」って書け、と思った。

 


「 [Amazone緊急の通知] プライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」とか言うスパム

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

こんなメールが届いた。

Amazonプライムの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されな
いため、Amazonプライムの会費(税込400円)をご請求することができませんで
した。現在、Amazonプライム会員の特典はご利用いただけません。6日以内にお支
払方法を更新いただけない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格はキャンセルされま
す。引き続きAmazonプライムの特典をご利用されたい場<合、以下の手順に従ってお支払
方法を更新してください。

1.アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセス
2.Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインイン
3.左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」の
リンクをクリック
4有効期限の更新または新しいお支払い方法を入力

現在ご指定のお支払い方法が承認されない原因は、提携会社(クレジットカード会社等)の
事情により異なるため、大変お手数ですがサービスの提供元会社に直接お問い合わせくだ
さい。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

支払い方法を更新する

もちろんこれはスパム。「支払い方法を更新する」のリンク先のamazonというとこが、amazconになってるし、co.jpになってるはずのとこがcnになってて、ちょっと中国っぽいドメインになっている。

なんだよ、amazconってアマズコンって読むのか??

いずれにせよクリックして騙されないようにしよう!


ゼロからイチを達成すれば何でも上手く行く理論の嘘

読了までの目安時間:約 2分

やあ、名無しだ。

 

世間では「0から1」を作るのは「1から2」を作るよりはるかに難しいみたいな理論であふれている。

確かに難しいは難しいが、0から1を生み出せば何でも上手く行くわけではない。

 

同じようなのに、「まずは行動すること」みたいに無責任にアドバイスする者も多い。

 

現実の世界はどうだろう?

 

0から1を生み出したら、今まで見なかったような困難に見舞われる。そりゃそうだ。スポーツだって1回戦、2回戦と勝ち進んで行くと、より厄介な敵が現れる。

だから精神が弱い人にはお勧めできない。

「まずは行動すること」が無責任な理由もそれだ。

現実から逃げたくてしょうがない人間に、より厄介な敵をあてがうだけなのだ。

 

ともあれ、こうしたアドバイスをする人間たちは、無責任というより、自分の著書なり教材なりセミナーなりに金を出してくれれば、「あとは知ったこっちゃない」というのが本音のようである。


1 2 3 12
このサイトについて
このサイト内の記事、文章はすべて著作権フリーとします。
なのでご自由にコピペしてあなたのブログ記事にお役立て下さい!
事前連絡等一切必要ありません。
記事の文章はそのまま使っても良いですし、適宜改変してもOKです。

※ このサイトのコンテンツは一部を除きフィクションです。
プロフィール
阿砂比奈京太郎衛門@Kolikkoです。 エンジニア(プログラマー)、作家。 最近はPHPをメインで使っています。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930